テレホンセックスがスマホで流行ってるって知ってました?

テレホンセックスといえばテレフォンクラブというイメージです。
そしてそのテレクラのイメージといえば駅前の怪しげなビルの個室で固定電話から女の子の連絡を待つというところでしょうか。
そういった店舗型ツーショットダイヤルを行う店は既に一昔前にほぼ廃れ、一部の地域にしか残っていません。
その後、携帯電話の普及でテレクラと同様にテレフォンセックスも生き延びてきていましたが一般的知名度はほぼなくなりました。

しかしスマホの爆発的普及によりテレクラ、テレホンセックスの復権が起きました。
その理由はスマホを持つことで24時間常にネットで人とコミュニケーションが取れるようになったことが関係しています。
LINEやカカオトークといったチャットアプリでそれまで知らない相手との出会いとは無縁だった人達が異性を求めてスマホを利用するようになったからです。
チャットアプリでエッチネタを振ったりするのはやはり楽しく、そこから電話でエッチな会話から入り…といった具合にエロが原動力となってテレホンセックスが盛んになってきています。
そうしたスマホによる出会いを探していく上で男女ともに出会いや電話エッチが目的の2ショットダイヤルなどに人が集まってきたんですね。

しかし出会い系は今の人達からは人気がないようです。
それはなぜか?
ひとえにシステムの問題です。
出会い系というのはメール形式なのですが、今スマホ利用者はメールシステムよりもチャット、通話システムを愛用しています。
前は通話料金や便利なチャットツールなど無かった時代だったので出会い系が主流でしたが、現在はそういった関係で通話のできるテレホンクラブが人気という訳です。
今はスマホならスカイプでもなんでも無料でいくらでも電話エッチできますからね。

なによりスマホならいつでもどこでもすぐにテレホンセックスができるというのも大きな利点です。
女性の性処理というのは男性よりも大変です。実際の男性とセックスするかオナニーするというのが多いのですが、誰とでもエッチするというのは不安が大きいのです。
そしてオナニーもAVといった男性用のアイテムと違い、多くありません。
性処理に困っている女性がテレホンセックスを利用するパターンがとても多いんですね。
男性用雑誌によくあった広告も今はスマホのネットにある広告で男女問わず目につくようになり、男女比はかなり縮まっているようです。
テレクラをやりこんだ私の独断と偏見で、これからさらにスマホによるテレホンセックスが流行すると断言しておきます(笑)

サブコンテンツ

このページの先頭へ